中央アルプス宝剣岳
これまでのあゆみ
1975年 参加児童17名でアルプス子ども会開催。アルプスの歴史が始まる。
1976年 第2回アルプス子ども会。幼稚園教諭らが指導員。
1977年 東京方面、貸切バス輸送開始。名古屋から初参加。二組開催。
1978年 学生の参加始まり、若さあふれる子どもへの働きかけで「アルプス子ども会中毒(アル中)」急増。
1979年 リーダー広越たかし(児童文学作家)の当会で初めての自作曲『ほんとにたいせつなもの』ヒット。オリジナル文化活動始まる。
1980年 補助員(現在の中高生リーダー)制度誕生。
1981年 第1回リーダーを育てる春の学校開校。キャンプファイヤー開始。
1982年 しぶき荘新館、広場完成。テーマソング『地球のまん中』が大ヒットし、後に全国の子ども会に広がる。源氏キャンプ場使用開始。第1回親子会開催。
1983年 東京都田無市(現西東京市)に東京事務局を開設。機関紙『やまびこ』創刊(後に『くさぶえ』に改題)。事業として本格的にスタート。
1984年 第10回記念「おまつり」。初めての“やまびこ村”開村。京都集合設定。
1985年 夏の子ども会延べ参加者数1万人を突破。
1986年 テントサイトキャンプ開始。高烏谷(たかずや)山頂キャンプを敢行。
1987年 一日子ども会「のうさぎの会」開催。オリジナルソングカセットテープ頒布。
1988年 第1回冬のスキースクール(現スキーキャンプ)開催。
1989年 せせらぎ村7日間、やまびこ村13日間コース実施。「山ろく荘」完成。関西地区のうさぎの会、第1回つり道場開催。
1990年 自然と工作それぞれのテーマ組(現そよかぜ村)実施。第16回夏の子ども会記録オリジナルビデオテープ頒布。冬休み特別企画「あそびのかんづめ」開催。
1991年 春の子ども会開始。テーマ組4種6組実施で“そよかぜ村”開村。せせらぎ村4日間コース、幼児コース(現幼児キャンプ)実施、対象学年を見直し。
1992年 冬休みにスキースクールの志賀高原プラン開催、人気爆発。
1993年 やまびこ村11・15日間開催。高学年向けと低学年向けにコースを分化。
1994年 後の「寒中子ども会」になるスキースクールを2月に開催。春の子ども会で低学年向けコース「雪どけつくしんぼ」開催。オリジナルTシャツ頒布。第20回記念事業として山ろく荘に第二ホール建設。
1995年 城の下キャンプ場に“ごえもん風呂”を設備。
1996年 中高生スクーリングを開催。スーパー体験コース実施。全50曲オリジナルカセットテープ頒布。
1997年 やまびこ村入門7日間コースほか新設。
1998年 世界人形劇フェスティバル(飯田市)に参加。一般コースの一部で参加対象を幼児と中3に広げる。
1999年 自然教室と「ダパン国」春・夏・冬シリーズ開催。公式ウェブサイトを開設。
2000年 春の学校20周年記念式典。世紀越えやまびこ村、高烏谷山頂で初日の出('01)
2001年 東京都大田区父母連と共同で特別組を開催。永年のキャンプ活動への功績に対して、当会会長が日本キャンプ協会よりCamping Award 2001を授賞。山ろく荘に食堂棟を新築。
2002年 オリジナルソングベスト曲集CD頒布。2月連休行事を「寒中子ども会」として定番化。
2003年 スキーキャンプで志賀〜竜王越えツアー完遂。ラフティング導入。
2004年 大阪と東京で「30周年記念の集い」開催。田中康夫長野県知事(当時)より直筆の推薦を受ける。地元で「高鳥谷山」に表記変更。
2005年 しぶき荘本館改装、新館落成。音楽祭を「秋の集い」として定例化。
2006年 「めざすこと」を全面改訂、大きな反響を得る。一部組で大阪集散を設定。
2007年 上下分かれる小サイズ雨がっぱを特注し頒布。冬のやまびこ村も毎年開催に。
2008年 「おおた子育て家族応援メッセ」に出展。
2009年 創立者赤羽昭二逝去。創立35周年記念「秋三昧」開催。山ろく荘改装。
2010年 オリジナルソングCDシリーズ頒布開始。インターネットこどもラジオ「ききみみ」開局。
2011年 夏の子ども会で「先取りコース」を開催。公式フェイスブックページを開設。
2012年 NHK長野局TVおよびラジオ番組で活動が紹介される。春夏冬の子ども会への延べ参加者数が10万名を突破。
2014年 40周年記念PRビデオをユーチューブに公開。公式サイト100万アクセス到達。東京・大阪で「40周年記念の集い」を開催。
2015年 NHK-BS『みんなDEどーもくん!』で会活動を紹介。創立40周年記念事業として、しぶき荘南館を建て替え。名古屋で「40周年記念の集い」を開催。

アルプス子ども会トップへ